【Xenon Valkyrie】レビュー ドット絵は綺麗なんだけどコレじゃない感

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ちょっとだけRPG要素のある2Dローグライクアクション。Steam で 2017年2月3日に発売された。日本語対応はしていないが、英文は大変やさしいので簡単に読める。もしも読めなくても、たいして重要なことを言ってないから大丈夫。

総評

何度も遊べるローグライク、ドットテイストなレトロ感あるグラフィックと大好物なので楽しみにしていた本作 Xenon Valkyrie だが、ちょっと現状は残念な感じに仕上がっている。というのも難易度が高くマゾ仕様なのだ。

何度もやっているうちに少しずつプレイが良くなっていくのが実感できれば良かった、しかし成長を感じる前に飽きがきてしまう。ローグライクはやっぱり繰り返しが楽しくなるような絶妙なバランス設計が必要なのだ。トレーラーはすごく面白そうだったんだがなぁ。

なので、誰にでもお勧めはできない。アクションゲームがとても得意でサクサク進める人ならば楽しめるかもしれない。

ローグライクって何?
トルネコ、チョコボやシレンなどの不思議のダンジョンのようなゲーム。プレイするたびにマップやアイテムの配置が変わり何度も楽しめるスルメゲーのこと。

主なゲームの流れ

ゲームの目的は、月の地中深くへと向かい邪悪な魔女の企みを阻止すること。2Dのダンジョンを、敵を倒しながら下へ下へと進んでいく。

敵を倒せば経験値が手に入ってレベルアップし、タレントポイントが1もらえる。レベルアップしただけでは何も強くなれない。後述する休憩ポイントの石碑でタレントポイントを消費することで、キャラクターのパラメーターをアップさせることができる。

エリアにはコンテナがあり破壊するとお金が出てくる。お金はショップで買い物をするのに使う。ショップでは体力を回復したり、弾薬を補充したり、バリアを購入できる。

コンテナを破壊したり大型の雑魚敵を倒すと、稀にカギが出てくる。このカギは武器が入っている大きな宝箱を開けるのに使える。武器を手に入れるチャンスだ。完全にランダムの装備が入っており、運が悪いと今装備しているのと全く同じ武器が出てくるときもある。

テレポーターを見つけたら下へと移動しよう。するとエリアとエリアの間の休憩ポイントに行ける。ここでは、アイテムを買えるショップ、レベルアップできる石碑、村人と会話ができる。この流れを繰り返し、ボスのところまでたどり着き無事にボスを倒せばエリアクリアとなる。

途中でHPがなくなると、レベルやパラメーターなど強化した数値がすべてリセット。一部アイテムを除いて手に入れたアイテムも無くなる。そして最初からやり直しとなる。

3人のキャラクターから選んでスタート

選べるキャラクターは、Eloen、Aenna、Nue。最初から3人とも選べる。キャラごとに初期パラメーターと使える武器が違う。

左から、Aenna、Eloen、Nue キャラクターごとのパラメータが異なり使える武器も違う。

剣と銃はどのキャラクターでも使える。剣は、振る速度とリーチに違いがあるように思えるがほとんど同じ。一方で、銃は弾数制限があり最大の弾薬数がキャラクターごとに違う。(ゲーム内ではVPAのパラメーターで表示)Eloen と Aenna が使う爆弾は、エリアの壁を破壊して新しいルートを作れる。Nueは爆弾は持っておらず、その代わりに高いジャンプができるという特徴づけがされている。

Eloen
イラストに載ってる女の子。3人の中で平均的なパラメーターで剣と銃、時限爆弾が使える。この爆弾は床に置いたり壁にくっつけたりできて、爆破する場所を選べるためとても使いやすい。壁を破壊していきテレポーターまでの近道を作ったり、敵の上に落としてダメージを与えたりできる。また、最初からカギを持っている。カギはアイテムでショップで350で売っているレアアイテム。スタートしてすぐに白い宝箱を見つけることができたなら、強い武器を手に入れるチャンス。その後の戦いがとても楽になるだろう。

Aenna
女の子。HPと攻撃力が一番高い。剣と銃、スペシャルアイテムとしてグレネードを投げれる。グレネードは壁に当たって跳ね返るため狙った場所を外しやすく使いにくい。弾数が一番少なく接近戦用のキャラクターという位置づけなのだろうが、リーチが短くあまり接近戦を使いたくないこのゲームにおいては最弱キャラといえる。グレネードの使いにくさもあり、他の二人と比べると選ぶメリットがない。

Nue
赤いトカゲ。HPが一番低いけど防御力が高い。剣と銃、スペシャルアイテムとして高くジャンプできる靴が使える。この靴は空中で無限ジャンプができる。空中で連続で使うと空中を移動できてしまい、あらゆる地形を無視できて難易度がかなり下がる。もう別ゲームになってしまう、絶対バグだ。初期防御力が2あると、序盤の一部雑魚の攻撃が「必ず」ノーダメージになる。銃の弾数も一番多く、使いやすいキャラクターだ。

最初に使うときに、一番使いやすいのはNue。HPの低さが気になるけど、実はこのゲームは防御力がとっても大事。というのも、「キャラの防御>敵の攻撃力」にすればダメージを受けなくなるからだ。Nue の防御力だと最初のエリアにいる一部の敵からダメージを受けなくなり難易度がグッと下がる。

操作性

コンフィグ機能はあるけれど、かゆいところに手が届かない感じになっている。

例えば、爆発音がかなりうるさくちょっとだけビックリするので効果音を小さくしたくても、音量のオンオフはあるが音量を調整することはできない。

ジャンプしたあと壁を蹴り2段ジャンプもできるが、どうも挙動がイマイチ。壁から遠のく距離が長いため通路の形によっては進みにくい場面もあった。

Xbox360, Xboxone, Ps3 , Ps4 コントローラーに対応している。ただし、ボタンの位置を入れ替えたりはできない。移動は十字キーのみでアナログスティックは使えない。バージョン1.0.3から移動にアナログスティックが使えるようになった。ただしキャラクターの移動のみに対応。テレポーター起動とか村人に話しかけるなどの操作は十字キーの上を押さないといけない。

バージョン1.0.3より、キーボード操作ならボタンコンフィグができるようになった。

難易度が高く調整不足では?

このゲーム、難易度が高くローグライクとしての面白さを味わう前に、同じことの繰り返しに飽きてしまう。

難易度が高い点としては、エリアの間にあるショップでアイテムを買う以外に体力を回復させる手段がない、剣攻撃でのリーチの短さや上方向の攻撃判定がなく攻撃を当てにくい。救済武器であるはずの銃の弾も制限がありショップで買う以外に補充方法がない、1面のボスがやたらと強いため倒せないと代わり映えのない同じ面をずっとプレイしないといけない。などを初めてプレイしたときには感じた。

こういったアクションゲームが得意な人にとってはやりがいのあるゲームなのだろうが、ごく普通のゲーマーにとってはかなりハードルが高いように思える。何度もチャレンジしていくうちに少しずつ強くなっていくのが実感できれば良かった。しかし1面をクリアできないままでは、やられてしまったあとに引き継げるものがほぼ全くないのだ。ボスさえ倒せればまた違ったエリアが広がっているのかもしれない。だけど自分には1面のクリアすら苦行に感じられてしまった。

ダークソウルで最初の城をなかなかクリアできなかったときを思い出す。あの時はレベルアップも武器の強化もできず自分の操作テクニックを磨くしかなかった。それでも難しいなりに上達が感じれたように思う。

追記
その後何度かやっているうちに、1面はクリアできるようになった。敵はできるだけ倒すようにして経験値を稼ぎ、お金もちゃんと回収していくことがポイント。レベルアップはHPを上げるのを優先すると安定する。というふうに、やっていくうちにコツをつかんだ。いずれ、このことをシェアする記事を書いてみたい。

調整を続けていけば化けるかも

もっと序盤の難易度を下げてくれれば、比較的お勧めできるとは思う。今後の改良しだいなのだが、良くなる前に「開発者」が投げてしまうかもしれない。。

というのも、開発者は面白いと思ってゲームを発表したんだけど、数多くの批判を受けてしまって凹んでいるみたいなのだ。だから開発者がめげずにゲームを改良してくれて、そして良いバランスのゲームに生まれ変わったころに買うのが賢いと思う。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*