【Hollow Knight】レビュー かわいい虫たちの良作2Dアクション

ダークソウルチックな2Dアクションの Hollow Knight(ホロウナイト) をクリアした。すごく面白くて丁寧に作ってあるアクションゲームで、これが1,500円程度で買えるのに驚く。そして、あまりにも話題になっていないことに、また驚く。

ソルトアンドサンクチュアリも面白かったけれど、個人的には、こちらのホロウナイトのほうがハマった。なんだろうか、開発の人たちの良いセンスが、愛情いっぱいゲームに注ぎ込まれているのが感じられる。そういった出来のゲームなのだ。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

魅力は何なのか?

何があるんだろうとワクワクさせてくれる探索

海外では、メトロイドヴァニアと言われるジャンル。これは、メトロイドとキャッスルヴァニア(悪魔城ドラキュラ)を合わせたジャンルのことだ。若い子ってこのタイトル分かるんだろうか。

要は探索がメインのアクションゲームで、舞台となるダンジョンは、一本道ではなくて序盤からいろいろと行ける場所が広がっている。だけど、スキルがないと進めなかったり、鍵がかかっている扉があったりと、とにかくどこに行っても気になるところだらけ。

後でチェックしようと思っているんだけど、また次から次へと気になるところが増えていってしまうという。この先には一体なにがあるんだろう?とワクワクさせてくれる。そんな秘密がいっぱいのダンジョン探索を楽しめる。

探索した場所が、少しずつマップに書き込まれていく。あとでマップを見直すと、何かがありそうなエリアとか、まだ行っていなかったところが見つかったりする。マップがだんだんと完成に近づいていく過程がとても楽しい。

キビキビ動く良質なアクション

攻撃は、剣で上下左右を攻撃できる。スキルを取るごとに、アクションが増えていき、より快適に移動できるようになる。また、ソウルと呼ばれる謎のパワーを貯めて、遠距離弾を放ったり、体力回復したりもできる。

ボスの数がかなり多めで30種ほど。それぞれが特徴のある攻撃をしてくる。パターンを掴むまでは何度か倒されては、技をみて対処法を考えていく。一部のボスは、テンポよく攻撃ボタンとジャンプボタンを押していると、リズムゲームをしているような楽しさを感じた。

キャラクターがかわいい

本当にかわいい。手書き感の伝わってくるキャラクターデザインもそうだけど、ちょっとした動作がかわいらしい。見上げるしぐさ、地図を広げて覗き込むしぐさ、ベンチでぼーっと座っているところとか。

さらに、登場するキャラクターも個性的。そして皆すごくいいやつばかり。特に始めたあたりで気になるキャラクターは、ツルハシで掘りながら鼻歌を歌っているヤツ。

このゲームの登場人物?は、虫がモチーフになっている。虫って想像もできないような変わった形をしていたり、驚きの生態だったりする。人の枠を越えて個性的なキャラクターを作りやすいのだと思う。

やり込み要素が豊富

ストーリーには関わらないようなボスの討伐(オプショナルボス)、ダンジョンの隠し部屋を探す、チャームを集める、いも虫を集める、敵の図鑑をコンプリートする、真のエンディングの条件を探すとか、やりこみ要素は豊富だ。

ここはダメだ、ちょっときつい

一部の後半エリアがかなり気持ち悪い

良いところでかわいいと挙げたけれど、後半の一部エリアはかわいいとはいい難い。。なんというか、嫌われている虫を全部そのエリアに集めたって場所で、暗くジメジメしていて、背景画像とかも効果音とかも気持ちが悪かった。

ぞくぞくっと背筋が寒くなるってのを、このエリアで体験した。一刻も早く抜け出したくて、生理的に受け付けないエリアだった。そこまでは、敵ですらかわいかったんだけれどなぁ。もっとホンワカとした雰囲気で良かったように思う。

電撃イライラ棒にホントいらいらした

トゲのツタなんかが張り巡らされていて、それに触れると画面が暗転し決まった場所に戻される。そんなアクションが要求される場所がある。それも結構な頻度ででてくる。

正確な操作をしなきゃいけないのだけど、このゲームはどこか最適化が上手く行ってないらしく、ところどころで一瞬画面が止まったりする。だから余計に難しい。

ノーマルのエンディングを見る分には、やさしさを感じられるイライラ棒ステージしかない。だけど、真エンディングを見るために通らなきゃならんエリア、あれはダメだ、難しすぎる。しかも長すぎる。なんだろうか、開発陣からの「真エンディングを見たいなら、俺たちの挑戦を受けてみろ!」ってな意地悪さをひしひしと感じた難易度だった。

あまり上手じゃないプレイヤーでも、ある程度やれば真エンディングが見れるようにして欲しかった。

操作性とか設定

コントローラー対応。ボタンの配置も変えることができる。セーブファイルは4つまで作れる。

画面サイズは 2560 x 1080 も表示できた。ウィンドウ化ができるから、翻訳ウィンドウを使いながら英語も読むのがはかどる。枠が付いてくるウィンドウ化なので、ツールを使って枠は消してしまおう。以下のツールを使うと枠は消せる。

ゲームをウインドウ化したときの枠を消してくれる便利なツール
対応していないゲームを、ボーダレスウインドウで遊べるようにしてくれるツールの紹介。そのダウンロード先と、使い方を解説する。

英語の難易度とか日本語化について

日本語は入っていない、すべて英語だ。しかし、それほど英語は難しくない。中学英語レベルの構文だから、単語の意味さえ分かれば読めるだろう。

日本語化については、現在、有志が着々と進めているようだ。しかし、口調の表現などこだわりが見られる翻訳をしているようなので、完成まで少し時間がかかりそうである。英語が全くダメって人は、この有志翻訳版が完成するのを楽しみに待とう。

日本語化が完成したようだ。詳細は以下のURLを見て欲しい。
http://wikiwiki.jp/hollowknight/?%C6%FC%CB%DC%B8%EC%B2%BD

一方で、公式が日本語化してくれないんだろうか?
開発ブログによると、英語のほかに対応言語は増やす予定だが、そこに日本語は含まれていない。公式が日本語に対応することは、難しそうに思える。

ちなみにこのゲーム、コンシューマー機の Nintendo Switch で発売することになっている。おそらくだけど、日本語がないこともあって、海外限定の販売になるんじゃないだろうか。

すごく面白いし雰囲気がいいゲームだから、日本のメーカーが権利とって翻訳してくれないかね。翻訳する分量もそんなに多くもないし、英語音声も入ってないからコストは安くあがりそうなんだ。

ダークソウルに近いゲーム性だから日本人受けもよさそうだ。携帯機とかで出すのにもかなり良いタイトルじゃないかな。

Hollow Knight の 総評

アクションが爽快で、キャラクターは個性があってかわいい、そして探索のやりがいがあるマップ。お値段以上どころか、4800円くらいで買っても後悔はないくらいの良作だ。

良くないところとして挙げたことも、このゲームの面白さを損なわせるほどではない。気持ちの悪いエリアも、単に私が虫嫌いなだけで、大半の人には大したことがないのかもしれない。

似たようなゲームだと、「オリとくらやみの森」が近い。オリほど死に覚えゲーではなくて、嫌になる前になんとか突破できる難易度だ。とてもよい難易度設定のように思える。

なぜこんなに面白いのに話題になっていないのか?

ふと思うと、ホロウナイトの発売日は2月下旬。この頃は、ニーアが発売され、3月頭にはホライゾンが、スイッチが、ゼルダが、、と大作ラッシュだ。なるほど、大作の影に埋もれていただけなのかも。

もうそろそろ、ホライゾンもゼルダも全部クリアして、やるソフトがないってことない?次はホロウナイトをプレイしてみよう。

クリア時間:30時間ほど、コンプリートを目指すなら50時間くらい
ジャンル:エリア探索型の2Dアクション
開発: Team Cherry
価格:1480円
プラットフォーム:PC

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

フォローする

コメント

  1. てぃー より:

    この記事のおかげで素敵なゲームを知ることができました。ありがとうございました( *´꒳`* )
    さっそく序盤で道に迷ってますが楽しいです!

    • Toshi より:

      迷ってるのが本当に楽しいですよね!
      これでまたひとり、ホロウナイトのファンが増えました。記事を書いて良かったです。